オカダカズチカがオールスター戦を提案

2020年1月16日に東京スポーツ2019年度プロレス大賞授賞式が行われました。

そこでMVPと年間最高試合賞をW受賞したオカダカズチカが囲み会見でプロレスのオールスター戦について言及しました。

出典 新日本プロレス公式サイト

オカダカズチカ 囲み会見抜粋

ベルトがないからこそできる闘いっていうのもあると思うので、それこそオリンピックをやるんであれば負けないぐらいのプロレス界”ビッグイベント”を。

こうやって、いろんな団体の人がいるなかでやっても面白いかなと。

--オカダ選手のなかで、オリンピックに負けないビッグイベントとしてオールスター戦的なものをやりたいなどの考えはありますか?

オカダ ボクはオールスター戦でもいいんじゃないかなと思いますけどね。

引用 新日本プロレス公式サイト抜粋

絶対的存在であり、現在の新日本プロレスの象徴ともいえるオカダカズチカの、オールスターについての発言は影響力絶大でしょう。

この発言から、他団体がオールスター開催へと動き出すということも十分考えられます。

NOAHの社長とオカダの発言の真意は?

受賞式に先立ちプロレスリングNOAHの社長が、今年(2020年)はNOAHを、「業界全体に広げていくタイミングに入ったと思う」との発言しました。

2019年は地固めのため鎖国をしていたNOAHですが、ここにきて他団体交流を示唆しました。

丸藤正道のDDT参戦や、中嶋勝彦がWRESTLE-1へ参戦してのベルト奪取など、社長の発言が実行されている事が伺えます。

ここ数年NOAHは、新世代である清宮海斗や拳王の台頭とベテランの丸藤正道や杉浦貴、潮崎豪らの活躍で活気づいています。

事実、今年初めの1月4日5日の2日連続の後楽園ホール大会は、新日本プロレス東京ドーム大会2DAYSの真裏にもかかわらず満員札止めでした。

そんなNOAHの社長の発言とオカダカズチカのオールスター提案が、ほぼ同時期なのは偶然の産物なのか、それとも裏で何かしらの動きがあることなのか?

はたまたオールスターへの動きはプロレス界にとって必然の動きなのか。

開催するとすれば夏になる?

オカダカズチカのオールスター発言を受けて、質疑応答では早くも開催時期についても質問がありました。

--夏あたりですか?

オカダ 夏でもいいんじゃないですか?会場があれば(笑)

ハハハハ。でも、ホントにせっかくのオリンピックイヤーで次はいつ来るかわからないなかで、そういうことができても面白いんじゃないかなと思いますね

引用 新日本プロレス公式サイト

2020年のG 1CLIMAXは、秋の開催ということで夏に何があるかが注目されています。

もし夏にオールスター戦が実現されれば、G1の穴を埋めても余りあるほどの話題性でプロレス業界全体が盛り上がります。

ですが、あるお笑い芸人も言っていたのですが、オリンピックの影響でイベントをしようにも会場がなかなか無いらしいです。

そもそも会場を抑えれないからG1CLIMAXが秋の開催になったので、オールスター戦やるにせよ、ビッグイベントに相応しい会場をオリンピックイヤーに抑えれるのかが問題になりそうです。

もしオールスター戦が本当に開催されるなら、新日本プロレスには業界の盟主としてプロレス業界全体にプラスになるように引っ張ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です