内藤哲也vsKENTAの2冠戦決定!2冠戦の流れは続くのか?

1月5日の東京ドームのメインイベント後で、デ・ハポンの大合唱するはずだった内藤哲也へのKENTAの襲撃。

そして1月6日大田区総合体育館メインイベント後での、内藤への2冠挑戦への意思表明。

内藤哲也vsKENTAのシングルマッチが組まれるのは必然のながれでしたが、KENTAは1月5日にNEVERの防衛戦で後藤洋央紀に敗北しています。

そんな状況の中で、内藤哲也vsKENTAはタイトル戦になるのか?

タイトル戦ならばダブルタイトルマッチになるのか?どちらか一方なのか?

はたまた、ノンタイトル戦なのか?

注目でしたが、1月7日の会見で2月9日の大阪城ホールでダブルタイトルマッチで行われることが、あっさり決まりました。

ダブルタイトルマッチになったことについて内藤哲也はこう語っています

ボクは個人的には同時に2本を賭けてやるっていうのはやんなくてもいいかなと。

挑戦者がどっちのベルトが欲しいかを選んでやればいいんじゃないかと、ボクはそう思いますけどね。

飯伏幸太もジェイ・ホワイトもオカダカズチカも認めますよ。

だからそういう選手たちが、ボクの認める選手たちが2本と言ったら2本でも構わないけど。

ボクの認めない選手が2本と言ったら「それはちょっと違くないか?」と。

基本的に僕は2本賭けてっていうのはボクはやりたくないですね。

伝説はあくまでもあの1.5だけ。基本的には別々にやりたいです。

引用 新日本プロレス公式サイト 抜粋

KENTAは直前にIWGPヘビー級とIWGPインターコンチネンタルのベルトより実質格下と言えるNEVERの防衛戦に失敗しています。

そんなKENTAとのシングルマッチがダブルタイトル戦になりました。

2月9日に2冠を防衛したとしても、以後に続く内藤哲也の防衛戦は、内藤自身の意見が反映されることはなく、しばらくはダブルタイトルマッチになりそうですよね。

2冠を解体するのはあの男

現在内藤哲也が2冠を保持していることによって、新日本プロレスのベルト保持者は1人減っています。

それによって防衛戦がベルト1つ分減る事になります。

2020年ビッグマッチが続く新日本プロレスにとっては、この状況が長く続くのは都合が悪いことかもしれません。

気の早い話ですが、そんな2冠保持という状態も終わりが来るはずです。

その2冠保持という状態に終止符を打つレスラーは、IWGPヘビーのベルトが最高峰であり1人2冠に反対し続けた男。

オカダカズチカしかいません。

オカダカズチカが2冠保持者に挑戦するとき、ダブルタイトルマッチではなくIWGPヘビー級のみに挑戦する事を選択するでしょう。

去年からのオカダカズチカのIWGPヘビー級へ対しての発言や矜持から考えて自然な流れです。

オカダカズチカは今後も、IWGPヘビー級のベルトのみ保持した事のある稀有なレスラーとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です