内藤哲也に2冠達成して欲しい理由

遂に2020年1月5日東京ドームでIWGPヘビー級とIWGPインターコンチネンタルのダブルタイトルマッチが実現することになりました。

人それぞれによって誰に2冠を達成して欲しいか、十人十色だと思います。

わたしは内藤哲也の2冠同時保持を期待しています。

なのでこの記事は、内藤哲也寄りの内容になってます。

Numberプロレス総選挙で2連覇を達成し、ロスインゴブレナブレスデハポンを結成してブームを作り、グッズの売り上げも社会現象とも言われたNWOグッズの売り上げを上回りました。

会場の内藤コールは、群を抜いています。

そんなレスラーが一度も本当の主役にならないのはウソだろうと、常々感じています。

内藤哲也はファンの期待に応えたことが無い

極端に言えば、内藤哲也はファンの期待を裏切り続けているレスラーだと言っていいでしょう。

内藤哲也はG1を2回優勝し、IWGPヘビー級王座も1度戴冠しています。

しかし1度目のG1優勝の際は、翌年の東京ドームでファン投票により実質セミファイナルに降格し、オカダカズチカにも敗れました。

ただ1度目のG1優勝の、翌年の東京ドーム時は、まだロスインゴでブレイクする前なので、ブレイク後ほどファンの期待はありませんでした。

しかしIWGPヘビー級王座戴冠と、2度目のG1優勝の時は話しが違います。

IWGPヘビー級を戴冠し、G1も優勝しているのだから期待に答えれていると思う方もいるかもしれません。

しかしIWGP初戴冠後の大阪城ホールではオカダカズチカに敗れ、IWGPヘビー級初防衛に失敗し、2度目のG1優勝の翌年の東京ドームでもオカダカズチカに敗れベルト奪取に失敗しています。

本当の主役になったとは言えないでしょう。

やはり内藤哲也ほどのレスラーに期待することは、オカダカズチカを返り討ちすることや、ドームのメインで倒すことでしょう。

東京ドームのメインで勝ってこそ本当の主役

やはり新日本プロレスにおいて大会場、特に東京ドームのメインで勝ってこそ、本当の主役であり天下を取ったと言えるでしょう。

オカダカズチカが東京ドームで凱旋し、2月にレインメイカーショックを起こした翌年の2013年から2019年の7年間のあいだの東京ドームのメインイベントを張った選手は次の通りです。

2013年 棚橋弘至 vs オカダカズチカ

2014年 中邑真輔 vs 棚橋弘至 

2015年 棚橋弘至 vs オカダカズチカ

2016年 オカダカズチカ vs 棚橋弘至

2017年 オカダカズチカ vs ケニーオメガ

2018年 オカダカズチカ vs 内藤哲也

2019年 ケニーオメガ vs 棚橋弘至

2014年はIWGPインターコンチネンタル選手権、他はすべてIWGPヘビー級選手権、2014年のオカダカズチカvs内藤哲也はセミファイナル扱いとしました。

7年すべてシングルマッチで、5名のレスラー延べ14名がメインを張ったことになります。

この7年間で5名しか東京ドームでメインイベントを張っていない訳です。

それぞれの回数は、棚橋弘至とオカダカズチカが最多タイの5回で、延べ14名中10名は棚橋弘至かオカダカズチカです。

次いでケニーオメガが2回、内藤哲也と中邑真輔が1回となります。

そしてメインイベントでの勝者となると、棚橋弘至とオカダカズチカしか勝利していません。

この7年間の新日本プロレスのエースであり主役は誰なのか一目瞭然です。

内藤哲也の2冠制覇が1番劇的

内藤哲也は9月にIWGPインターコンチネンタルのベルトをジェイホワイトに取られてから一気に2冠から遠のきました。

1月4日と5日で2冠を賭けて争う4名の中では、断トツに2冠に遠い位置にいました。

というか、9月時点で2冠戦をするかどうかは決まっていませんでしたが、2冠戦をするにしても、遠いどころか4名の中に入れる状況ではありませんでした。

その後11月3日の大阪エディオンアリーナを経て、1月4日にIWGPインターコンチネンタルの挑戦と、5日のダブルタイトルマッチが決定しました。

1月4日のIWGPインターコンチネンタル選手権の王者がジェイホワイトと言う所もいいですよね。

11月3日の大阪エディオンアリーナのメイン後のジェイホワイトのマイクアピールでは、何か喋ろうとするたびにブーイングが起こり、ジェイホワイトは中々喋れませんでした。

試合がバレットクラブの乱入により勝敗が決したところがあるので、それに対してのブーイングが大半なんでしょうけど、それにしてもここまで嫌われるというのは、ヒールとして素晴らしいですよね。

ファンからすれば乱入は見たいものではありません。そして乱入のあった試合は名勝負とはなりにくく、ジェイホワイトへのフラストレーションは溜まりに溜まっているでしょう。

しかしその憎たらしいジェイホワイトに勝ってこそ、ファンの感情は爆発し、より内藤哲也に共感出来るはずです。

1月4日にトップヒールであり難敵のジェイホワイトに勝った翌日の1月5日の相手はオカダカズチカしかいないでしょう。

なので1月4日はオカダカズチカ勝利の予想になります。

やはり2冠を実現するためのラスボスは、現在新日本プロレスの不動の主役オカダカズチカしかいません。

2冠から一番遠い位置にいた内藤哲也が、IWGPインターコンチネンタル選手権にギリギリこぎつけ、ファン投票でも2冠支持が上回り過去のファン投票のリベンジを達成しました。

そして1月4日は2連敗している難敵であり、ファンのフラストレーションが、溜まっているジェイホワイトに勝ちIWGPインターコンチネンタル王座を奪取する。

1月5日のIWGPヘビー級選手権では、今まで肝心なところで辛酸を舐めてきた新日本最強オカダカズチカへ挑戦。

そして 史上初の2冠制覇、そして東京ドームメインでの初勝利。

かなり妄想も入りましたが、やはり2冠制覇には劇的なストーリーも欲しい所です。

2020年1月4日5日は、内藤哲也が本当の主役になるべきだと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です